ひび割れの処理

雨漏り調査・診断、雨漏り修理、屋根防水、屋根塗装、外壁防水塗装、シーリング工事、外壁補修工事、屋上防水の『雨漏り防水工事.comさいたま店』(東京・埼玉)

この写真のひび割れ処理した防水工事の現場がさいたま市内だったか、戸田市内だったのか、さっぱり覚えていませんが、このような工事はよくやっています。

ひび割れを補修しないでそのままにしておくと、数年するとひどいことになってしまう確率は高いです。

小さなひび割れは、建物の揺れによって大きくなってしまい、そこに雨水が入ると、雨水はコンクリを破壊し始めるのでやっかいです。
気がついた時に早めに処理をした方が良いでしょう。
(2013.6.6)

それでは、ひび割れの処理の仕方をご紹介いたします。
2枚の写真で簡単に説明いたしますので、ご覧下さい。

画像の説明

まず、ひび割れた部分をサンダーでカットします。

この作業をするかしないかで、安心感がかなり違ってきます。
本格的な工事をするのであれば、サンダーでひび割れに沿ってカットします。

Uの字でもVの字でもかまいませんが、理想はUの字にカットすることです。 UとVとでは、シール材の打ち込む量が変わってきます。
もちろんできるだけ打ち込んだ方が、安心です。

次に、カットした部分を刷毛で掃除して誇りの付着がないようにします。
そして次は、プライマーを塗布します。

写真では、プライマーの缶が一緒に写っていています。
防水業者は、このような缶に入ったプライマーを塗布しますが、ホームセンターで手に入るのならば、必ず、塗布してください。

なぜかというと、プライマーは接着をよくさせるために必要だからです。
これをしなければ、必ず、剥がれてしまします。

画像の説明

ここで使用するシール材についての説明をいたします。

塗装の下になる場合は、ウレタンのシール材でもかまいませんが、シール材の上に塗料を塗らないのであれば、変成シリコンが良いでしょう。

ホームセンターに行けば、必ず置いてあります。

その時に写真に写っているカートリッジガン、とプライマー、小さな刷毛、それとヘラも買ってきてください。

シール材を充填したら、へらで仕上げます。
ヘラは100円ショップで洋食ナイフを買って来て使っても良いと思います。
古い話ですが、昔は、建具廻りにシール材を打ち込んで、仕上げる時は、洋食ナイフを使いやすい形に削って使用していました。

それだけではなく、今では建具廻りにテープを貼って、作業するのは当たり前でしたが、昔はテープを貼らずに洋食ナイフで仕上げていました。
昔の職人は、それができたんです。
もちろん、僕も洋食ナイフで仕上げた経験があります。

どうでしょうか。
簡単ですが、ひび割れの処理の仕方についての説明をさせていただきました。

質問は、メールでお答えいたしますので、ご遠慮なく。
(2008.8.28)

職人社長安藤のblog-Gooブログはここをクリック!

お問合せはこちらへ

お急ぎの方は、職人社長安藤の携帯 090-1814-7992へどうぞ!

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『雨漏り・防水工事.comさいたま店』、クリエイトコスモ株式会社