埼玉県さいたま市/ウレタン防水通気緩衝工法

雨漏り調査・診断、雨漏り修理、屋根防水、屋根塗装、外壁防水塗装、シーリング工事、外壁補修工事、屋上防水の『雨漏り防水工事.comさいたま店』(東京・埼玉)

埼玉県さいたま市の屋上ウレタン防水通気緩衝工法(脱気工法)をご紹介いたしますが、今回はコンパネ下地の上に行うちょっと特殊なウレタン防水通気緩衝工法をご紹介したします。

これは、ウレタン防水通気緩衝工法というよりも、信頼できる複合防水といってもよいほど強い防水層だと思います。

この信頼できる防水は、改質アスファルトの分厚い通気緩衝シートの上にウレタン防水という工法です。

画像の説明

屋上防水を行うきっかけは、やはり雨漏りでした。

雨漏りが起きるまでには、原因になる雨漏り危険個所がどのようにしてできたのか、そしてそこにどれだけの時間の経過があったのか、目に見える場所に出る雨漏り雨漏りが起こっていることすらわからないサイレント雨漏り

雨漏りは、本当に奥が深いです。

僕が調査をした時の既存防水は、ゴムシート防水です。
ゴムシート防水はゴムシートとゴムシートの貼り合せ部分も悪く、すぐに取れてしまうほど、頼りない接着力でした。

画像の説明

梅雨のこの時期、既存のゴムシート防水を撤去するわけにはいきません。
撤去したことが原因で雨漏りでもしたら、たいへんですからね。

そんな時には良い方法があります。
既存のゴムシート防水は確かに頼りない状態ですが、その上にコンパネを貼り、防水下地を作るんです。

これだったら、既存ゴムシート防水を全て撤去して、危険な状態をさらすこともありません。

画像の説明

でも、コンパネを貼ったら、すぐにコンパネの継ぎ目はアスファルト系のシール材で処理する必要があります。もちろん先にアスファルトプライマーをコンパネの上に塗布することが必要です。

次は、改質アスファルト通気緩衝シートを貼り付けます。コンパネの上に貼りつけたこの分厚い改質アスファルト通気緩衝シートは、本当に安心感があります。

その上に、ウレタン防水を2回塗布します。
これでかなり安心感のある防水層に仕上がります。

画像の説明

もし、この信頼できる防水工法を選んでいなかったとしたら、そして防水下地が水を含んでいる最悪な状態だとしたら、防水層は簡単に膨れてしまうでしょう。

防水材も適材適所です。
防水工法も適した工法を選択しなくてはなりません。

通気緩衝工法(脱気工法)には、脱気筒がつき、下地に含まれた水分は、通気緩衝シートを通過し、脱気筒から外部へ出ていきます。
これでもう雨漏りの心配もありません。

画像の説明

ウレタン防水層の上にトップコートを塗布して完成、というわけです。
安心の雨漏り防水保証10年付の仕事、いかがだったでしょうか。

防水工事は、技術の違いがはっきり出ます。
仕上がりの良い防水層は、当然のことながら長持ちし、技術力のない未熟な施工者の仕事は、不安だけが残ります。

防水工事は、良い防水材料と技術力と豊富な経験が必要です。
理由は、防水の納まりが重要だからです。

納まりが悪ければ、それが雨漏り危険個所として残ることになり、紫外線にさらされて劣化は進行し、いつの日か雨漏り危険個所が雨漏りの原因になってしまいます。

もう二度と後悔しない為に、
下請けに仕事を投げるだけの営業会社を選ばないでください。

工事店選びもそうですが、この時代会社の大きい小さいはあまり関係ありません。
小さくても頼りになる工事店を選ぶことが大切です。
(2013.6.21)

職人社長安藤のblog-Gooブログはここをクリック!

当工事店を知ってください。
当工事店の工事内容

お問合せはこちらへ

お電話、ファックス、またはメールフォームより、お気軽にどうぞ。

お急ぎの方は、職人社長安藤の携帯 090-1814-7992へどうぞ!

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『雨漏り・防水工事.comさいたま店』、クリエイトコスモ株式会社