雨漏り調査・診断、雨漏り修理、屋根防水、屋根塗装、外壁防水塗装、シーリング工事、外壁補修工事、屋上防水の『雨漏り防水工事.comさいたま店』(東京・埼玉)

防水下地調整

防水工事高圧洗浄」の次の工程「防水下地調整」です。

ビル、マンションの屋上も40~50年経過するとモルタル表面の骨材は高圧洗浄で結構洗い流されてしまいますので、高圧洗浄後、モルタルの表面には凹凸ができます。

この状態では防水工事ができませんので、樹脂モルタルで表面の凹凸をなくして平滑にするするために防水下地調整をします。

凹凸が多いと材料を結構使用することになりますが、凹凸があると材料が引っかかりやすいので、逆に樹脂モルタルが食いつきが良い、ということが言えます。

画像の説明

パラペット天端の上に材料を適量置いていきます。

画像の説明

左官鏝を使用して表面を平滑に仕上げていきます.
この時鏝の跡が多少ついたとしても、樹脂モルタルが硬化後、スクレーパーを使用して出っ張った部分を削り取る作業がありますので、多少鏝の跡が残ったとしても修正可能です。

画像の説明

天端か終われば、立上り部分の樹脂モル補修です」。

画像の説明

今回、屋上の平場は、パラペット天端、立上りよりもモルタルの骨材が流れ落ちたので、凹凸が結構ありました。

防水材を塗布するまでの各工程を一歩一歩確実に進めていく事によって、長期間良い状態を維持できる防水層を形成することができます。

防水工事が完成するまでには、一つ一つの工程で確実な仕事をして、次の工程へつなげていくわけですが、防水知識と現場経験から得たものを知恵に変えることだけではなく、さらにひと工夫することを心がけ、完璧を目指して施工し続けることが重要だと考えています。

当工事店は、高圧洗浄防水下地調整、モルタル欠損部の補修、改修用ドレンの取付もしますが、新築時からドレンの位置が高いことによって、水が流れにくい時には壁を壊し、既存のドレンを撤去してから新しいドレンを取付けたり、また逆勾配で水が流れにくいベランダでは、コンパネを貼り付けて勾配を修正してから、防水工事をしたこともありますので、大抵のことはできますので、ご安心ください。

防水工事、塗装工事、シーリング工事、どの工事も施工中は夢中になれるので、職人社長安藤は施工を楽しんでいます。

僕たち職人はどの工程も全力を尽くすことで、現場から多くを学ぶことができます。

「職人」である僕には、プロとして現場施工をしているというプライドがあります。
プロだからこそ、施工中現場から学ぶことにたいしてもっと貪欲であるべきだと考えています。

一生の仕事としてやり続ける、という強い覚悟。1級技能士の資格を取得した時から更に精進しなければならない、学び続けることに終わりはない、という思い。「継続は力なり」です。
(2020.03.23)

お問合せはこちらへ

お急ぎの方は、職人社長安藤の携帯 090-1814-7992へどうぞ!

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『雨漏り・防水工事.comさいたま店』、クリエイトコスモ株式会社