改修用ドレン取付

雨漏り調査・診断、雨漏り修理、屋根防水、屋根塗装、外壁防水塗装、シーリング工事、外壁補修工事、屋上防水の『雨漏り防水工事.comさいたま店』(東京・埼玉)

それでは、屋上防水、屋根防水、バルコニー防水、ベランダ防水など、防水改修工事での改修用ドレンの取り付け方の説明をします。

今までの雨漏り調査診断でも、排水ドレンの故障による雨漏りが結構多くありました。
それでは、一緒に見ていきましょう。

画像の説明
画像の説明

まず、既存のドレンのカバーをはずします。

道具を使ってカバーを取ると、こんな風です。

今回使用する改修用ドレンは、鉛でできています。鉛ドレンは、横ドレン用と縦ドレン用の2種類があります。

画像の説明
画像の説明

これが改修用ドレンです。

横ドレンには、蛇腹のホースがついています。

このホースを奥まで押し込んでいきます。

まずは、寸法を合わせて蛇腹のホースを寸法に切ります。

画像の説明
画像の説明

それと、鉛ドレンも既存ドレンの寸法に合わせて切ります。

こんな感じです。

次に、ハンマーで軽くたたいて形を合わせますが、たたき過ぎないように気を付けながら形を合わせていきます。

画像の説明
画像の説明

シーリング材で鉛ドレンの廻りの隙間をなくします。

いつも使っているのは、速乾性のシール材です。
これだと次の工程へ行くまでにシール材が硬化してくれます。

改修用ドレンの取付が必要な時と必要ではない時があります。
それは、防水工法、現場の状況、既存ドレンに故障があるかないかによって判断されます。

ウレタン防水通気緩衝工法の場合は、やはり改修用ドレンを取り付けた方が良いと思います。

以上、改修用ドレンの取り付け方の説明でした。

職人社長安藤のblog-Gooブログはここをクリック!

お問合せはこちらへ

お急ぎの方は、職人社長安藤の携帯 090-1814-7992へどうぞ!

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『雨漏り・防水工事.comさいたま店』、クリエイトコスモ株式会社